FX トレード

今回はテクニカル指標シリーズとして、パラボリックSARの使い方や計算方法、さらにPythonを使って処理をして、Matplotlibでチャートを作りました。

FX API

FX APIシリーズとして、OANDA v20で口座のオープントレードの一覧取得や特定トレードの詳細、さらに取引中のトレードの一部決済などをAPIで行いました。

FX API

OANDA API v20を使ってPythonで簡単な注文の操作をしてみました。成行注文や指値注文、オーダーのキャンセルなど基本的な操作のまとめ。(FX APIシリーズ)

FX API

OANDA API v20へ接続をして過去レートを取得し、Pandasのデータフレーム形式やCSVファイルなどへ書き出しを行いました。(FX APIシリーズ第二弾)

FX トレード

オシレーター系テクニカル指標「ストキャスティクスRSI」の概要と計算方法、さらにPythonを使って過去レートから算出してみました。(Pythonテクニカル指標シリーズ)

FX トレード

オシレーター系の代表格とも言える「ストキャスティクス」の3つの指標(%K、%D、%SD)をPythonとPandasを使って計算してみました。(Pythonテクニカル指標シリーズ)

FX トレード

ウィリアムズ%R(William’s %Rまたは単純に%Rとも呼ばれる)をPythonの基本的な使い方や計算方法、さらにPythonを使って書いてみた。(Pythonでテクニカル指標シリーズ)

FX トレード

短期トレードで役に立つテクニカル指標「ピボット」をPythonとPandasを使って計算をしてみました。ピボットの基本的な使い方と計算方法もまとめています。(Python + テクニカル指標シリーズ)

FX トレード

Pythonを使ってRSI(相対力指数)を計算してみました。為替レートの値上げ幅/値下げ幅を算出してあげる必要があるので、他のテクニカル指標と比べて少し面倒でした。(Pythonでテクニカル指標シリーズ)

FX トレード

OANDA API v1から最新のAPI v20への移管を念頭に置いて、米国OANDAでデモ口座を開設して実際にAPI v20への接続をしてドル円のレートを引っ張ってみました。(OANDA API v20 口座解説編)